自己肯定力をつけなきゃと、苦しめられていませんか?

最近ちょくちょく見かける、異様にポジティブなFB投稿やネット上のつぶやき。
心がいっぱいいっぱいになってるのかな?
頑張らなきゃって必死なのかな?

辛くなってる気持ちに気付かない振りをしてるか、
本当に気付いてないのか…

自己肯定感ってありますよね。
最近、これが大切って騒がれ過ぎな気がしてます。

自分を肯定してあげよう、認めてあげよう
…が、
自分を大好きにならなきゃいけないって、度が過ぎちゃってる気がする。

そもそもは、自分に出来ることで、それが些細なことであっても、
それは長所だって気付くこと。

履歴書の長所とか得意なことに、自分のいいところを書くのが苦手な人、
結構いると思うんです。

こんなこと、わざわざ言うほどのことじゃないって。
でも、そんなことないよ、言ってみようよ!
そういうのが、自己肯定。

逆に、これは短所ってことに目を背けることなく、
「私、これダメなんだよね~」って言えちゃうこと。
恥ずかしいから絶対隠そうとか、
自虐に走りすぎることなく、
ダメなところも、まあ仕方ないって
自分で許せちゃう感じ。
テヘペロ的な?(笑)

だって、他人の欠点、、そんなに周りは気にしてないですよ。

これも自己肯定だと思います。

だけど最近、
すごーいことを持っていないといけないって思って、
それを主張したり、

プラスというか長所にしか目を向けないで、自分を語る。
たぶん、短所は絶対見たくない。
見なくてもいいと思うけど、短所なんて誰しもがあるわけだから、
そんなに気にしなくても…って思うんだけど、
短所を嫌うというのかなぁ?
なかったことにする…そして、なかったことになるくらいの
頭の中では排除が起こる…というか。

うーん、難しいな。
うまく書けないんだけど…

で、それをアピールするっていうのかな?

なんかね、苦しいのかな?って思っちゃう。

私は今、夫が必要な分は稼いできてくれるので、
ガツガツ稼がなきゃってことはなくて、
必要とされるときにセラピーの仕事したり、
まあ子沢山なもので、子供関係のことは結構いろいろ忙しかったり、
夫の仕事の経理的なことをしたり、
内助の功的な役割をして日々を過ごしています。

恵まれてはいるけど、きらびやかではありません。
淡々と過ぎていくし、
毎日パーリーピーポーみたいなのとは、全然違う。

長所を書きなさい、みたいなのは私も苦手です。
いや、普通です…って(;^ω^)

でも、この生活を愛しています。
おばちゃんになってしまって、ポチャッとしてしまいなかなか痩せられないところも、
シミが増えちゃった顔も、
だんだん年を取っていく容姿も…
「○○ちゃんのママ」と呼ばれることが普通になってしまったことも、

一時期は抗ってました。(笑)

少しでも若く見られたかったし、きれいと思われたかったし。

まあ、今でも綺麗ではいたいですけどね。(笑)

でも、今の自分、若いころと比べたら、冴えないかもしれない今の私。
いや、たぶん冴えない。(;^ω^)

でも、そういうのもアリだと思うし、それでいいと思う。
精神的には、私なりに成長したし、いろんな経験が出来た。
悲しいことや苦しかったことも含めて、
それらが私を作ってきた。

痛みは今もあるし、思い出すと今でも泣いてしまうようなことも、
なかったことにしたいと思うことも、
でもそれもなかったことには出来ないし、
やっぱり丸ごとひっくるめて、私なんだよね。

そういう心持ちになれること、
それが本来の、健康的な自己肯定感じゃないかな?

そう思うのです。