中学二年生の職場体験

今朝、末っ子を保育園に連れて行ったら、
うちの息子たちの中学から、二年生5人くらいが職場体験に来ていました。

そういえば、この時期だった~

我が家は
長男 → 鉄工所?
長女 → 自分が通園していた保育園
次男 → 信託銀行

に職場体験に行きました。

すごーく大変!
すごーく楽しい!

子供たちの感想は様々だけど、
百聞は一見に如かず

これほど勉強になることってないですよ。

働くことの大変さ
親のありがたみ

それは強烈に刷り込まれるみたいです。

私が学生の頃は、こんなシステムなかったけど、
やってみたかったな~

絶対にバイトとかで経験できないような職種を
やってみたかった。

次男だけは第一希望の保育園が通らず、
第二希望の銀行になったのだけど、
それでも社会というものに触れ、
いろいろ思うところがあったようでした。

毎日機関銃のように、その日の出来事を報告してくれた(;´∀`)

そして、今朝見た学生たち。

息子の支度をしていたら、一人女の子が入ってきてた。
この子が今日一日、年少クラスを見るんだ~

まだ固まってた。(笑)

世間慣れして、あいさつ出来たり、子供に接することが出来たり…
そんな子は一人もいない。

息子と別れて玄関に歩いていくと、
男の子が一人、園庭で立ち尽くしてた。(;^_^A

園児の群れに入っていって、すぐさま一緒に遊べるわけはない。

バイトだったら、積極的に自分から仕事を探したり、教えてもらいに行ったりするけど、
(最近は動かない子も多いみたいだけど)

中学二年生!!

そんな気の利いたこと出来たら、逆にちょっと怖い

でもね、
一週間の職場体験が終わる金曜日には、

あの子たちの周りには、園児たちがたくさん群がっていて、
あの子たちも笑顔で遊んでいて、
年長さんたちから
「ありがとう」のお手紙なんか渡されて、
女の子なんか、うれしくて泣いちゃったりして

そうやって、成長したあの子たちは
素敵な一週間の思い出を胸に、
また学校での日々を送るんだよね。

将来何になりたいか…

そんな遠かったはずの夢も、
少し近付いた気がするようになって、

また歩き始める。

見てるとね、なんか胸がキュンってなりました。

でも実は、そんな子ばかりではなくて、
疲れるだけ
もうイヤ…

やる気の出ないまま、終わる子もいるそうです。

やりたかった職種じゃなかったりってことなんだろうけど、
でも、せっかくの体験だから、
どんな仕事でも、やる気でやるのは大事。

頑張って評価される気持ちよさ

それを知るだけでも、全然いいと思います。

そして先生方は、手分けして相当数ある職場に頭を下げ、
体験させてもらうことをお願いに行くのです。

子供たちの要望があれば、新規の企業に交渉にも行くのです。

今の先生って、営業もするんだ!!って
それを聞いてびっくりしました。

中には不真面目な生徒を送ってしまい、迷惑をかけてしまうことも、
そうすると、先生も謝りに行くのです。

たいていはその企業は、もうこの事業に賛同してくれなくなります。

だから、下級生たちのためにも、
子供たちは精一杯やり遂げなきゃいけない。

もちろんそのことも、子供たちはわかってるのです。

大変な思いをしてまでも、職場体験をやるっていうのは、
それ以上に大きな成果を見込めるから。

私が見かけた限りでも、子供たちは本当頑張ってます。
ぎこちないけど、精一杯自分の仕事を勤めあげようと努力しています。

その姿には、うるっときちゃいますよ。

今週一週間、
みんながんばってね!!

きっと何か、見つかるから。

おばちゃんは陰ながら応援しています!!