どうして自分を責めるの?

わかりやすく目に見えるもの、誰にでもわかるような成果、
子育てしながら働いて、勉強して、資格を取った…とか。
そんな話を聞くと、もっと頑張らなきゃとか、
自分は何もしてないなとか、
そんな風に思いがちだけど、本当はそんなことないと思うんです。

毎日のんびり、だらだらしているだけでも、
掃除をしたり、洗濯したり、ご飯を作ったり。
家族のために、やらなきゃって頑張ってる。

そういう日々のこと、もっと評価していいのにって思います。

「どうして自分を責めるのか、
 必要な時には、ちゃんと他人が責めてくれるんだからいいじゃないか」

アインシュタインが言った言葉だそうです。

頑張ってる人ほど、自分を低く評価してないですか?
もっとやれる、もっと頑張れる、
自分なんかまだまだだ。

そういう感情って辛いですよね。

誰かと比べたって仕方ない。
自分で自分は怠けてると思うほど、何もしてないならともかく、
たいていの人は、日々のこと、
もう毎日のことで、当たり前すぎて、何をしてるとか考えなくなってるようなことを、
当たり前のような顔をして、一生懸命やっている。

風邪を引いたりすると、よくわかります。
寝込んでしまったことで、滞ってしまうこと。
それは、みんなが当たり前と思っていたけど、
実はあなたが毎日頑張っていたことなんだって。

特別なことをしなくても、みんな毎日一生懸命に役割をこなして、
頑張って生きていますよね(*^-^*)