ママは太陽

あなたは普段、どのくらい笑っていますか?
どのくらい、しかめっつらをして怒っていますか?

笑っていられたらいいのに…
本当はそう思っていませんか?
同じような年頃の子供を育てていても、
いつもイライラして怒っているママと、にこにこと楽しそうにしているママがいます。
イラっと来るラインが違うんですね。

それに一度イライラしてしまうと、拍車をかけてその気持ちが加速してしまう。
怒ったからといって、子供は言うことを聞かないし、ママだって心が辛く苦しくなってしまう。

後で冷静になった時に、自己嫌悪にに陥る…という話は、よくあることだと思います。

子供のためだけじゃなくて、ママにとっても、
おおらかでいられるというのは、精神衛生上、いいことなんです。
そりゃそうですよね。
好きでイライラしてるわけじゃないですから。
何回言っても、言うことを聞かなくて、だんだんイライラしてきちゃう!
それは仕方ないです。

産後鬱も、ホルモンバランスの影響も大きいですが、
どうにかなるわ~と思えるタイプの人は、深刻になりません。
周りに頼れなかったり、きちんとやらなきゃ!と自分を縛ってしまうタイプの人は、
具合が悪くなるケースが多いわけです。

そうは言っても、うまくいかないことだらけだし、社会から隔離された気がするし、
子供はかわいいけど、へこみ材料の方が多いのよ!

それも、ごもっともなんです。

本当にママって大変。
だからまず、自分で自分をほめてあげてください。
すごいことやってるんだって、自分を認めるんです。

嫌なこと、辛いことから目を逸らさないで、そういうことを頑張っている自分、今はその時なんだってことを
認めるんです。
もう嫌だ、早く大きくなればいいのに…
そしたら好きなことをできるのに…

そんな風に逃げてしまうのは、本当はとてももったいない。
だって、一生のうちで今だけなんです。
過ぎ去ってしまえば、こんなに楽しいことに携われる時期って、子育て中の今だけなんです。
お年寄りの多くが、
人生で一番キラキラと輝いていたのは、子育てをしていた頃だった…
って、懐かしい目をして語ります。

楽しかった思い出だから、孫のことも手をだし、口を出したり、したくなるのかもしれません。

どんな仕事より、やりがいも責任も希望も、満ち溢れているんです!

だから、今、楽しい!という気持ちをいっぱいにして過ごしてほしい。
イライラするのを子供のせいだけにしていませんか?

ママの気持ちの持ちようで、いくらでも心の安定は変わります。
ママが太陽になれたら、たいていの辛いことは、その温かさで溶かしてしまえるんです。
ママが太陽だったら、そばにいる子供は、ポカポカ暖かい日なたで、幸せに眠れるんです。
子供はママの温かい笑顔が大好き!
あたたかい太陽になりましょう。