自分に優しく

今年ももう終わりですが、今年は自分を見つめる一年でした。

自分を見つめるって、漠然としていますが、
他の誰でもない自分が、どうしたら気持ちいいか、心地いいかを
考えるということです。

情報にあふれたこの時代、
自分で考えていると思っているようで、実は何かに振り回されていたり、
誰かの意見を自分のものと勘違いしていたり…

いろんな情報を知って、そうなんだ~!となるのはいいけど、
自分だったらどうだろう?
私もそうだろうか?
そう、一呼吸して考えたのが、今年の私でした。

その結果、夫に抑えられたときにも、自分の考えをとりあえずは言いました。
黙って聞いていただけの今まで。
だけど、自分は違う考えを持ってるってことだけは、伝えるようにしました。

それから、軽い話題かもしれないけど、
ブラのパットを全部取っちゃいました(^_-)-☆

何それ?って話だけど、
誰目線で「寄せて上げて」なの?って思うようになったんです。

なんで誰かの快楽のために、きっついことしなきゃいけないんだろう?って。

パットを取ると、胸の小さい私は谷間なんか出来ません。
でも、そもそも谷間強調するような服なんか着ないし、
別にいらないんです、谷間。

そのことにやっと気付いた。(笑)

そしてパットを外したら、すごーくラク。
パットなんかなくても、服の上からのシルエットは、ちゃんとキレイなんです。

誰かのための下着じゃなくて、
私が気持ちよく着られる下着選びをするようになりました。

実はなかなかいいのがないんですよ。
なんでもかんでも、寄せて上げてですから。

本当はレースが綺麗な、ふわっと添わせるだけの下着が欲しいんですけどね。
見つからなくて。
インポートものになっちゃうのかな?
高そう~(;’∀’)

着るもの一つを変えただけでも、随分思考が変わりました。

流行りのものも、自分が着ていて気持ちいいかどうか。
勧められたものも、自分が楽しいかどうか。

当たり前のようで、意外に他人軸だったことがいくつもあったなぁ…
そのことに少しずつ気付いていって、
自分の意思を大事にしようと思うようになった。

自分に優しくなりました。